FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-07

「香り」の世界史(2) 中世~近代

「香り」の世界史(1) 始まり~ギリシィア時代から


「中世」

11世紀末の中世に入ると、「十字軍遠征」が起こり、その際に麝香(じゃこう)を始め、様々な東洋の「香料」がヨーロッパに持ち帰られました。
そしてベニスの商人達(ヴェニスの商人)の手によって、それらの香料スパイスは世界中に広く取引される様になりました。


s1.jpg


その後、12世紀末頃ある「グラース」という南フランス・カンヌの北西17kmの丘陵に存在している町が「皮革工業」で繁盛し、16世紀になると(イタリア・フィレンツェ)出身の「トンバリレ」という人がこの町に訪れ「香料」を紹介した処、「皮革」の嫌な臭いを有効に消せる事から「香料」はこの町で大いに持て囃され、 人気が沸騰しました。

そして(フランス・マルセーユ)の石鹸でも香料か使われる事になり、加えて南フランスの「グラース」は気温が暖かく、温暖な気候・風土は(ジャスミン、ラベンダー、ローズ、オレンジフラワー)など様々な「香料植物」の栽培に適しているので、フランスの「グラース」は「香料のメッカ」と呼ばれる程「香料の中心地」として発展を遂げました。


「香水の誕生」

16世紀末に、(イタリア・フィレンツェ)の「カトリーヌ・ド・メディチ」が(フランス)の「フランスアンリ2世」の夫人として輿入(嫁入)し、その際フォークを使って食事をする事やアイスクリーム、マカロンなどのお菓子、さらに女性らしい横座り乗馬方法などの文化をフランスに持ち込みました。

そして彼女の連れて行った随行員の中に、「レナード・ビアンコ」という1人の調香師が居ました。
彼女はフランスに香水を広める為に気温が暖かく、「香料栽培」に適している「南仏のグラース」に香料の製造拠点として選び、フランス香水文化が開花しました。

香料をアルコールに溶かした現在の「香水」や「オー・ド・トワレ」が初めて作られたのもこの頃です。

*(オー・ド・トワレ):化粧水という意味で、濃度は香水とオーデコロンの中間。

s2.jpg



また、「オーデコロン」の誕生も様々な説がありますが、大まがいには以下の2つがあります。

1.イタリアで発売された「アクア・ミラビリス(すばらしい水)」が17世紀末~18世紀初にケルンに紹介され「ケルンの水」となり、そして18世紀後半に「七年戦争」や「ナポレオン遠征」が発生し、その際プロイセンに侵攻したフランス軍兵士が大量の「ケルンの水」をパリに持ち帰り、最終的に「オーデコロン」と呼ばれ流行り始めました。

2.ナポレオンによって「フランス革命」の嵐が静まり、「ギロチンの露」と処刑されたマリー・アントワネットが愛用した「香水(主にバラ・スミレを使った)」が彼女の死後急激に流行し始めました。

そしてナポレオンの天下は僅か10年で終わりましたが、グラースの町は革命の余波を受けながらも、「香料植物の栽培」や「香料製造」の街として発展し続けました。


「近代」

19世紀に入ると工業・科学技術が発達し、天然の香りも詳しく分析する事によって様々な人工「合成香料」を製造する事が出来、香料の利用範囲も広くなりました。

s3.png
スポンサーサイト
2015-04-06

「香り」の世界史(1) 始まり~ギリシィア時


ある説によりますと、世界中で「匂い」が付いている物質は約40万も存在しています。
本当かどうかは不明ですが、匂いは私たちの日常生活で重要な役割を担っているのは間違いないでしょう。

kao.jpg


実は「匂い」は時には「映像」や「音」よりも力強く、逆らう事の出来ない魅力があります。
例えばある空間で嫌な場面や映像が目の前に遭っても、眼を隠せば見なくて済むし、嫌な音がしても耳を防げば聞かなくて済みます。
しかし、「匂い」ならどうでしょう?
確かに鼻を塞いでれば、嫌な匂いを嗅ぎ取らなくて済みますが、しばらくをすれば呼吸困難になり、結局耐えられず空気匂い)を吸ってしまうのでしょう。
人間にか限らず、全ての生き物は「呼吸」が必要な物です。

よって、その空間から離れる以外に、人間は「匂い」から逃れる事は出来ません。

そして古くから人間は様々な「匂い」に対して研究し、さらに日常生活でそれらを活用していましたね。
香り」には昔からの人間の「暮らしの知恵」が集まっている様です。

「香りの世界歴史」

「始まり」

香りを英語で表すと「perfume」であり、これはラテン語のPer Fumumから来ています。
そして人間が香りを利用し始めるのは「」を発見したからだそうです。

そして「香料」が初めて歴史上に登場したのは、紀元前3000年頃の「メソポタミア」だと言われており、当時は神事で神様に祈るために「レバノンセダー(香りのする杉)」で神へ薫香を捧げていました。
さらに古代のエジプト人は王が亡くなった時、その亡骸に防腐・防臭効果のある「香料」を塗り、木乃伊にして手厚く葬ったそうです。
そして使われた香料は(白檀、肉桂、イリス、樹脂)などがあります。

kao1.jpg


また、お祈りや木乃伊作りの他に、衣服や部屋を芳香で満たす為に香を焚いたり、香油を体に塗ったり、ハスの香りを染み込ませた帽子を被ったり、さらにお菓子の風味付けに香料を使ったり、様々な「香り」を楽しんておりました。


「ギリシャ時代」

ギリシャ時代に入ると、香料の製造が盛んになり、入浴後の体に「香油」を塗る習慣が広まりました。
さらに西洋医学の祖だと言われている「ヒポクラテス」は「匂いは病気を治療する効果があり。」と主張し、アリストテレス門下で「植物誌」などを著し、哲学者で植物学の祖だと言われていた「オフラストス」も論文で「複数の香料を調合すると香りのトーンが変化する。」と主張しています。

そして香料が「ローマ」に伝わると(ローズウォーター)が一番人気となり、浴室や寝室など日常生活の空間まで香りを付ける様になりました。
貴族の間では料理で使う魚醤の生臭い匂いを消す為に頻繁に香辛料ビネガーを使用したそうです。
さらに彼らは1日に少なくとも3回は社交用建築物の中心にあるローマ風呂に入り、そして入浴後は大量な「香油」や「香膏」を体に塗ったり、「固体香料」や「粉末香料」などを使って部屋や衣服に香りを付けていました。

kao2.jpg


「香り」の世界史(2) 中世~近代へ続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。