FC2ブログ
2015-03-31

品質の良い「プロポリス」の簡単な見分け方とは?


再び「養蜂人家」の製品の紹介です。
もうずいぶん使ってしまいましたが、せっかくなのでついでに紹介しようと思いました。



ずいぶん豪華な箱に入れられており、保証書もパッチリと付属しています。


IMAG0068_结果



IMAG0070_结果

瓶になっており、「スポイト」で吸い上げる様になっています。


IMAG0073_结果




日本でもマツモトキヨシやサウドラックなど、様々な薬局で「プロポリス」製品を販売しておりますね。
実は台湾の養農家「養蜂人家」の店員さんに、簡単な「プロポリス」品質見分ける方法を教えて頂いてきました。







「プロポリス」の簡単な品質の見分け方


まずはコップにを入れます。
そしてコップの中に一滴のプロポリスを入れます。

良いプロポリス」:コップの水に入れた一滴のプロポリスは、水面で広がり、そのまま速やかに完全に水に溶けます

悪いプロポリス」:コップの水に入れた一滴のプロポリスは、水面で広がる事無く、ゼリー状な水滴の形をしたまま、水の底に沈殿します。
そして最後には、コップの底周りにベッタリと茶色い物質付く様になります。


*店員さん曰く、コップの底周りにベッタリと茶色い物質がくっ付くという事は、それを飲み込んた私達の胃や腸の中にも同様な事が起きますので、長期的に飲むと体に問題が起こるそうです。



そもそも「プロポリス」て何?


簡単に言えば、ミツバチが「木の芽」や「樹液」、あるいはその他の様々な植物から集めた「樹脂製混合物」であります。
主に蜂が自分の「都市(巣)」を守る為に生成した物であり、「プロ(pro)」は「前」や「守る(防御)」という意味で、「ポリス(polis)」は「都市」という意味を持っているのも「プロポリス」という名称が付けられた原因となります。



色は取れた植物によって変わりますが、「暗褐色」が最も一般的である。



植物は傷を付けられると、傷口を守る為に樹脂を分泌します。
さらに傷口だけではなく、新芽や蕾にも様々な病原性の微生物(真菌、原虫、ウイルスなど)から守る為に、分泌された樹脂には強い「抗微生物」や「殺菌力」があります。
そしてそれらの樹脂で作られたプロポリスは当然その同様の効果があります。



強い殺菌力や抗微生物がありますので、蜂はこれらプロポリスを「巣の構造強度の補強」に使ったり、「巣への病気や寄生者の侵入阻止」、「真菌や微生物、寄生虫の成長阻害」に使ったり、さらに巣の中の「腐敗阻止」等にも使ったりします。


1_201504302341410b6.jpg



「プロポリス」の健康効果とは?
スポンサーサイト
2015-03-18

美容や更年期に良い「ローヤルゼリー(ロイヤルゼリー)」の成分や効果とは?

b.jpg


女王蜂の若々しさの秘密

ローヤルゼリー(またはロイヤルゼリー) (英: royal jelly) は簡単に言いますと、(花粉や蜂蜜)+(蜂の分泌物)となります。
「ミツバチ」の若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べた後、体内で分解・合成し、最終的に上顎と下顎の「咽頭腺」や「大腮腺」から分泌する乳白色クリーム状の物質がそうです。

ローヤルゼリー(ロイヤルゼリー)は若齢幼虫の働き蜂にも与えられますが、主に将来女王蜂になる幼虫や、成長した女王蜂に与えられる食べ物であります。
つまり、女王蜂専用のゼリー状の食べ物ですね。
よって、(ロイヤルゼリー)という名称が付いたのでしょう。
*以下ロイヤルゼリーと称す

日本ではしばしば「王乳」と呼ばれる事もありますが、フランスでは「ジュレー・ロワイヤル(Gelee Royale)」、ドイツでは「女王様のスープ(Konigi-nnenfuttersaff)」など呼ばれる事もあります。

基本的に女王蜂は幼虫から成虫になるまで、一生ロイヤルゼリーしか食べません。
ロイヤルゼリーを食べて成長した女王蜂は、他の働き蜂と比べると、その大きさは約2、3倍大きく、さらにその寿命も30~40倍程長いです。
さらに働き蜂は卵を生めないのに対し、ロイヤルゼリーを食べて育った女王蜂は1日で約1,500個もの卵を産み続ける事が出来ます。

その事によって、ロイヤルゼリーは非常に栄養価値の高い食べ物だと分かりますね。


「ロイヤルゼリーに含まれている栄養」
3大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂質を始め、人間が必要な21種類の必須アミノ酸が全て含んでおり、さらに様々なビタミン・ミネラルなど40種類以上の栄養素がバランスよく豊富に含んでおります。
特にアミノ酸に関しては、タンパク質の質(必須アミノ酸の含有バランス率)を示す「アミノ酸スコア」数値は100となり、その数値は卵と同じとなっています。

普通の蜂幼虫から女王蜂に成長出来たのも、「ロイヤラクチン」というロイヤルゼリーにしか含まれていない単一タンパク質のお掛けだと最近の研究でも分かりました。
さらに「デセン酸」という不飽和脂肪酸もあり、この「デセン酸」を自然食品で摂取するには、ロイヤルゼリーしかないとも言われれいます。
加えて「アピシン」という成分も豊富に含んております。
この成分は細胞を増殖し、細胞の寿命を伸ばす効果がありますので、肌のターンオーバーを正常化し、アンチエイジング作用や美肌を作る効果があります。

この様に、ロイヤルゼリーには女性ホルモンの分泌を促すに必要な上質アミノ酸がバランス良く豊富に含んておりますので、更年期障害の症状を緩和し、疲労回復滋養強壮血糖値コレステロール値を下げ動脈硬化の予防免疫の活性化栄養補給冷え性の改善抗腫瘍アンチエイジング肌荒れ・シミ・そばかすの予防など様々な効果があり、
まさに女性に良い”魔法の薬”ですね。

royal jelly
2015-03-18

台湾は蜂製品の産地!無論”美容”の重宝「生ロイヤルゼリー(ローヤルゼリー)」も!


つい先日台湾旅行で「養蜂人家」という店舗で「生ロイヤルゼリー 500g」を購入して日本に持ち帰りしました。

IMAG0020_结果

IMAG0024_结果
無論「台灣養蜂協會」の証明付き。

この様に「生ロイヤルゼリー」を””に詰めて販売しているのは、日本では殆ど見掛けませんね。
しかもこの量(500g)でなんと台湾元で1800元(大よそ日本円6914円)という安いです!
*会員に入ると更に10%OFFや不定期に様々なキャンペーンを行っております

それ以外にも「蜂王世家」や「台湾好蜜」、「廖家養蜂園」や「嘟嘟家蜂蜜」などの企業(店)があり、同じく生ロイヤルゼリー(500g)を販売していても、値段は台湾元1350元(日本円:5184円)から台湾元1500元(日本円:5769円)の物まで、企業(店)やその日のキャンペーンによって値段は様々です。

しかし全体的には、日本で購入するより遥かに安いですね。
その上台湾にはもう既に約46年も活動している「台灣養蜂協會」という協会があり、生産している蜂関連の製品を徹底的に調査管理検査を行っていますので、品質は安定し、鮮度もキープされている様です。

皆さんももし機会があって台湾旅行に行きましたら、ぜひ台湾の名産とも言える「生ロイヤルゼリー」を購入する事をお勧めします^^

そもそもロイヤルゼリーて何?という方には→


では何故日本では「生ロイヤルゼリー」は高額で、逆に台湾では日本よりも手頃な価格で購入出来るのでしょうか?
それは日本は蜂を育てる為には余りにも気温が低い時期が長いので、日本で蜂を育てるのは至難の事になります。

よって日本では蜂関連の製品の量産は難しく、価格も当然高価になってしまいますね。

しかし、台湾は1年を通して気温が暖かく、花や自然も日本同様豊富にある為、蜂を育てるのが容易であり、その為安定した量の「生ロイヤルゼリー」を採取する事が出来ます。
さらに現地の設備や衛生管理もしっかりしていますので、採取した「生ロイヤルゼリー」はすぐに冷凍され、品質鮮度栄養素もそのままがっしりとキープされます。

IMAG0026_结果

味はピり辛い感じで、そのまま食べるのは少々難しいです。^^;
しかし、これが本物の味なのでしょう。
店員さんには蜂蜜などに加えて食べる様にお勧めされました。