FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-20

香りを長持ちさせて何時までも手元に置く事は全ての人間の「欲」である。


images (1)


良い香り、あるいは好みの香りを何とか長持ちさせて何時までも手元に置く事は、東洋時代場所関係なく、全ての人々の「欲望」ですね。
しかし、残念な事に、薔薇や百合など多くの「植物性香料」は揮発性強く、一瞬の香りを与えた後、消えてしまうのが殆どです。
そこで、「何とか香りを留めておく事は出来ないか?」と既に紀元前3世紀から香りを長持ちさせようとする研究が行われており、あるギリシィア人はオリーブ油やごま油を基調に、薔薇の香りと色を溶かして「薔薇香油」を作りました。



やかて、オリーブ油やごま油など「」の代わりに、麝香海狸香霊猫香など「動物性香料」が使われる様になりました。
これら「動物性香料」は動物の生殖器の隣にある「香嚢」の内容物を粉末にしたもので、沸点が非常に高く、尚且つ揮発性弱いので、揮発性が強い薔薇や百合など「植物性香料」にほんの僅か配合するだけで香りを長持ちさせる事が出来ます。



また、「動物性香料」はそのままだと非常に強烈な糞尿の様な臭いがしますが、「千分の一」より少なく薄めると、逆に優雅官能的な香りがします。
そのため、「保香剤」としてだけではなく、「香料」としても非常に高い人気を持っています。
保香剤は「動物性香料」の他に、安息香、白檀、貝香等も使われております。



そしてヨーロッパでは香料をアルコールに溶かして「香水」を発明するなど、「何とかして香りを長く留めておく!」という思いが様々な新しい物の発見・発明のキッカケとなっているでしょう。


images.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。