--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-24

薬種・香原料「牛黄(ゴオウ)」


「牛黄(ゴオウ)」

1_20150426202926612.jpg


牛黄」と書いて「ゴオウ」と読み、胆嚢胆管などに出来た「結石胆石」であり、千頭に1頭の割合でしか発見する事が出来ないので、非常に貴重な物になります。
さらに中国の生薬古書「本草綱目」(1590年)では「これ以上高価な薬物は無い!」と記載されており、その効き目だけではなく、を大量屠殺出来なかった時代では入手が非常に困難だと分かります。

また近年では牧場の衛生・栄養管理がさらに厳しくなりましたので、(結石胆石)を持ったはより少なく、「牛黄(ゴオウ)」は益々貴重な生薬となりました。

牛黄」は約1センチ~4センチ不規則な球形をしており、時にはの取れだサイコロの様な形をしております。
さらには赤みがかった「黄褐色」で重さは軽く、割ると中身は木の年輪の様な同心円状の層があり、に含むと心地好い苦みと微かに甘みがある物が良品とされています。 

極めて貴重高価な物なので、古くから(ウコンを練り固めた物)や(白泥を牛の胆汁と混ぜ合わせて作った物)など様々な「偽物」が出回っていましたが、現代では科学分析技術が進んているので、この様な偽物は殆ど輸入しなくなりました。
しかし偽物が消えた訳ではなく、しかも粉末にすると更に区別が難しいので、購入する際は十分に注意を払う必要があります。


「分布・起源」

牛黄」に関する記載は日本最古の法典「律令」で既に記載されており、内容は「国の所有する馬や牛が死んだら皮や角などを集める、特に(牛黄)を発見したら必ず中央政府に献上する」という決まりでした。
しかも注釈書に牛黄に関する説明が全く無い事から、この頃(7世紀頃)では既に多くの民間人が牛黄は薬用になる物だと理解している様です。

そして中国最古の薬物書「神農本草経」では約365種類の薬物が記載され、「上品」、「中品」、「下品」の3品に分けて記載されています。
その中で「牛黄」は「上品」の部類に分類されています。

*「上品」:無毒で長期服用が出来る養命薬。
*「中品」:毒にもなり得る養性薬。
*「下品」:毒性が強く長期服用が出来ない治病薬。

また、5世紀北インドで成立した大乗仏教の主要な経典「金光明経」にも既にサンゴロカナスクリット語で「牛黄」である「崖庭折郷」の記載があり、これによって「牛黄」は最初中国インドで薬として使われ、その後仏教と共に日本に伝わったと考えられます。

現在主の生産国は(オーストラリア、アメリカ、ブラジル、インド)など、大規模な食肉加工設備がある国が中心ですが、BSE問題で北米産の牛黄の使用が禁止され、さらに中国での需要が以前より高まっているので、国際価格は上昇しています。


「用途」

現在日本では「日本薬局方」という医薬品の公定書に収載され、漢方薬で(滋養強壮薬、風邪薬、強心薬、小児用薬、胃腸薬)など様々な医薬品として使われています。

お香」の原料として使う事は極めて珍しいですが、近年中国では、牛黄をイメージした香料を使用して作られた「お香」を作ったり、さらに「人造牛黄」を作るなど、牛黄をこれまで以上に利用しようと考えております。


「香り」

に含むと、心地好い苦みと微かに甘みがあります。

2_2015042620292872a.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。