FC2ブログ
2015-05-09

「紅土沈香」、「黄土沈香」、「黒土沈香」とは?-①


1_20150510113858216.jpg
ベトナムの田舎地域


日本で沈香の最高級品は「伽羅(きゃら)」と呼ばれますが、中国台湾では「奇南(または:伽南、奇楠)」と呼ばれ、その中でさらに「」、「質感」、「産地(埋もれた土)」によって上下分ける事が出来ます。



*奇南を「色」、「質感」によって分けるには→



また、ベトナムでは多く最高品質の沈香「奇南」を産出しますが、その他に「奇南」では無いけど品質は多くの奇南負けない程、香りも良い沈香があります。
そしてそれらの沈香は、「産地(埋もれた土)」で分類する事が出来ます。
特に「産地(埋もれた土)」によってその香りも大きく違ってきますので、香木を購入する際に十分に気を付けなければなりません。



ベトナム産の奇南ではない沈香を「産地(埋もれた土)」によって分類すると、大まがいに「紅土沈香」、「黄土沈香」、「黒土沈香」の3つに分類する事が出来ます。






1.「紅土沈香」

3_20150510113027f16.jpg


ベトナムの「紅土区(赤い土の地域)」の森に、そこの土の中から産出した沈香であります。
色は赤褐色で腐敗した表面を削ると、中身の木心紫褐色(しかっしょく) になります。
香りは非常に強烈濃厚甘さの中に僅かの辛さが混り、また、少し杏仁の様な香りをしますので、香りのはかなり豊富です。



2_201505101130254bf.jpg



一度の産出量は大きくても約1つ腕の大きさなので、通常山羊の1つ角の様な小さいサイズでもかなり高価になります。
そして削り落とした腐敗の表面でも十分な芳香を漂う事になりますので同じく利用価値があり、また、サイズが大きければ大きい程、品質高くなります。




そして、ベトナム紅土沉香を産出する人気な場所はベトナム中部の「芽荘(NhaTrang)」と「富森(Phu Son)」になります。
特に「富森(Phu Son)」で産出した物は、その価値は高級「奇南」に劣れず程高価で、沈香の極品とも言われています。
また、その甘く香り濃厚、「芽荘(NhaTrang)」で産出した物と比べると余りサッパリした清涼感はありませんが、どちらかと言うと濃厚のミルキーの様な感じになります。
香りの変化の順としては「苦み」の後に「酸っぱさ」が湧き、そして長い濃厚な「甘さ」を感じる事になります。



②へ続く→



4_2015051011473990f.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する