FC2ブログ
2015-05-09

「紅土沈香」、「黄土沈香」、「黒土沈香」とは?-②



①から続く→



2.「黄土沈香」


多くはベトナム中部の「芽荘(NhaTrang)」という場所で、土地が乾燥して多くのが散らばってる黄土山から産出しています。
そしてその本体も黄土色をしていますので、「黄土沈香」と呼ばれています。
品質としては3段階に分ける事が出来、1級、2級、3級の順に並べるになります。





(3級の黄土沈香)


1_201505101234145e4.jpg



品質の一番低い3級は「黄土片」と言われ、また古い昔では「黄熟香」、「速香」とも呼ばれています。
それらの殆どは木から離れて死亡した木材を砕いた物や、樹脂を多く含んた腐敗していない樹皮となります。
一番大いサイズだと約親指くらいの大きさがあり、また、”不純物”が多く含まれておりますので、香道での鑑賞としては使用される事はありません
しかし線香などに加えて焚く甘い香りをし、まるで”サトウキビ”を焼いた様な甘たるい香りが漂います。
ただし直接に焼くと、まるで溝水やカビ布団の様な嫌な臭いがします。





(2級の黄土沈香)


2_20150510125007c86.jpg



2級の物は大きな腐木の様な見た目をしており、大きさは約1つの拳や平手になります。
そしてさらに大きい場合は約10キロを軽く超える事もあります。


通常この様な黄土沈香重さでその価値を決め、香りは必ずしも良いのではないですが、通常その形が大きければ大きい程、色々な香りが含まれている事になります。
さらに質感柔らかく、完全に乾燥すると少しの衝撃を与えただけで粉状になります。
この様に形の大きい「2級黄土沈香」を購入する際、その「香り」、「密度」、「重さ」などの要素が全て値段が変わってきます。




(1級の黄土沈香)


3_20150510141443d03.jpg



最高級黄土沈香は「越南黄油(ベトナムの黄油)」とも呼ばれ、油分多く香り芳香で、何より密度高い
これらは「2級黄土沈香」の中から選び抜いた物で、品質高く、その為値段高価です。




➂へ続く→
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する