FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-13

近年話題の「ココナツオイル」!しかし購入する際に注意するポイントは?



1_20150515081433459.jpg



ココナッツオイル
最近多くの食品売り場やスーパー、さらに美容化粧品売り場でも見かける程話題になってますね。
驚くべき事は「食品」と「美容品」両方の店で売られているという事です。
そしてプラカードやPOPには「食べて良し!塗って良し!」美容にも健康にも良い”万能オイル”と書かれております。


しかし、通常のココナッツオイルではなく、「”エキストラヴァージン(Extra Virgin)”ココナッツオイル」の方が美容健康に効くそうです。
多くの海外セレブ有名芸能人も愛用している事で注目を集め、今では多く美容意識の高い女子達の間でも話題を集めています。



2_2015051508181151c.jpg



購入する前に注意すべき点とは??


市場には「ココナッツオイル」、「”バージン”(Virgin)ココナッツオイル」、「”エキストラヴァージン”(Extra Virgin)ココナッツオイル」など、ココナッツオイルと言っても様々な種類があり、初購入する人は非常に混乱に落ちやすいです。
しかし、「どうせ同じココナッツオイルだから余り変わらないでしょう。」と思って適当に選んで購入すると、後々「期待してたのと違う!!」という感じになり、をする事になります。


なぜなら、同じココナッツオイルでも、製法によって以下の3種類があります。

1.「RBDココナッツオイル」

2.「バージン(Virgin)ココナッツオイル」

3.「エキストラヴァージン(Extra Virgin)ココナッツオイル」


製法が違いますと、その含まれている成分品質、さらにもたらす美容健康効果も全然違ってきますので、購入する際は十分に注意する必要があります。






1.「RBDココナッツオイル」

RBD=Rは(精製された)、Bは(漂白した)、Dは(臭気を除去した)という意味を持っており、つまり「化学的に抽出したオイル」となります。
何故”化学的抽出”が必要かというと、RBDココナッツオイルは”乾燥”したココナッツからオイルを抽出するのです。
そして通常は収穫したココナッツを天日干しで乾燥させるのですが、乾燥する途中で雑菌が繁殖したり、さらにカビ悪臭が増える事によってココナッツが腐ってしまう事があります。


そのため、「化学溶剤」を使って雑菌やカビを除去したり、悪臭を取ったりするのです。
しかし、様々なビタミンやミネラルなど栄養素香り風味なども同時に「化学溶剤」によって除去される事になります。


ココナッツオイルの本来持っている栄養成分除去されますので、当然様々な「美容や健康」効果は期待出来ません
よって、もし美容健康を考えてココナッツオイルを使用したいなら、「RBDココナッツオイル」は絶対に避けるべきでしょう。





3_20150515082122984.jpg

2.「バージン(Virgin)ココナッツオイル」

バージン(Virgin)というのは「天然の」、「純粋の」、「混合物の無い」という意味を持っており、つまり”保存料”を一切使っていない自然の方法で抽出したオイルとなります。
RBDココナッツオイル」と違い、のココナッツを収穫した直後、速やかに精製抽出したオイルなので、「化学溶剤」を使って雑菌やカビ、悪臭を除去する必要はありません。


化学処理”を行っていないので、本来ココナッツの持っているビタミンやミネラルなど栄養成分や風味がそのまま残され、健康や美容の効果を期待する事が出来ます。


特に肌の錆を防止出来る抗酸化物質「ラウリン酸」や消化吸収性が高く、脂肪を燃焼させる「中鎖脂肪酸」などが豊富に含まれており、体力が回復し、免疫力も向上します。


*「ラウリン酸」:母乳にも含まれており、強い抗菌作用と免疫力を高める作用がある事によって、産まれてくる赤ちゃんの体を守ってくれるのに大きな役を立ちます。





4_20150515082530e5f.jpg


3.「エキストラヴァージン(Extra Virgin)ココナッツオイル」

「バージン(Virgin)ココナッツオイル」の中でさらに最高品質の物が「エキストラヴァージン(Extra Virgin)ココナッツオイル」となり、そして最高品質の物になると、油の香り、さらに風味も良好となります。
そのため、オリーブオイルと同様、”エキストラヴァージン(Extra Virgin)”となると非常に貴重で質のいいオイルとなります。


しかし、実は日本では”エキストラ(Extra)”の表記に関しては規制が無く、「バージン(Virgin)」オイルと「エキストラヴァージン(Extra Virgin)」オイルとの違いに対して管理しておりません。
そのため、海外では「バージン(Virgin)」と表記しているオイルを日本で「エキストラヴァージン(Extra Virgin)」と表記して高く販売する業者も存在している様です。


よって、もし本当の「エキストラヴァージン(Extra Virgin)」のオイルを購入したいなら、海外輸入品を購入するのが一番確実な方法ですね。


5_20150515082325412.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。