FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-02

体臭の原因


2_20150805040154a18.jpg




今の時代”香り”といったら多くの女性は「香水」を思い浮かべますね。
そして今では女性だけではなく、男性でもエチケットや体臭に気を付けて様々な男性用の「メンズ香水」や「消臭剤」などを使用する様になっております。
しかし、香水を付けて香りを付ける前に、先に元にある不快な体臭を除去する必要があります。
何せいくら質のいい香水を付けても元の体臭が臭がったら元の子もありません。


地球の温暖化によって日本を含む多くの国の気温は段々と上がっていますね。
そして気温が上がると色んな生態系や環境問題、さらに個人的から見ると熱中症などの健康問題が引き起こしますが、その中で命の関わりが無いけれど日常生活で大きな問題を及ぼすとしたら「体臭問題」がありますね。



今日本では多くのテレビCMや雑誌などでも消臭商品が大いに紹介され、さらにどのように体臭問題を解決しようか頻繁に特集を組んております。
それぐらい多くの人が体臭問題に悩まされている事になります。







1_201508050357435ed.jpg



体臭の原因




無論体臭問題を根本的に解決したいなら一番いい方法は「バランスのいい食事(野菜を多めに、肉を少なめにして便通を良くする)」、「ストレスを溜めない」、「十分な睡眠」、そして「抗酸化食品を取る」と「毎日のお風呂で清潔を保つ」ことですね。
体臭を引き起こす大きな原因は「汗・皮脂・垢」などが”雑菌”によってで分解されたり、あるいは酸化されたりすることです。



人間の皮膚には主に皮脂(油分)を分泌する「皮脂腺」とを分泌「汗腺」があり、そして皮脂(油分)は肌に潤いを、汗は体温を調節する為に分泌されます。
また、「汗腺」には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、「エクリン腺」はほぼ全身に分布されており、そして「アポクリン腺」は性器の周りや脇(わき)の下に比較的に多く分布され、これら違う汗腺によって分泌液の成分と発生する臭いもそれぞれ違います。


「エクリン腺」99%で、残りの1%はカリウム、カルシウム、アミノ酸、乳酸、塩化ナトリウムなどで占められております。

「アポクリン腺」:水の他に蛋白質、コレステロールや脂肪酸などの脂質鉄塩などが多く含まれております。



そして分泌された皮脂(油分)と汗は最初の頃はほぼ無臭で臭いは無いのですが、時間が経つにつれ元々皮膚上に存在していた「常在菌」によって分解され、腐った酸化したりすることによって不快な臭いを発生する様になります。
また、年が上がるにつれ「加齢臭」を発生するのは「ノネナール」などを含んでいる「過酸化脂質酸化された脂質)」が増えるからのです。



よって体臭を除去する為には体の「清潔」と「抗酸化」が必要不可欠となっております。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。