FC2ブログ
2015-08-24

香りを採出できる漢方生薬―「アモーマム カルダモン(白豆蔻、Amomum cardamomum)」




「アモーマム カルダモン(白豆蔻、Amomum cardamomum)」



基原:「ショウガ科(薑科、Zingiberaceae)」の「アモーッム属(Amomum)」で「カルダモン種(E. cardamomum)」であり、中国や台湾では別名「豆蔻、白蔻仁、白蔻、蔻米」とも呼ばれております。
また日本では和名*「小荳蒄(ショウズク)、小豆蒄」と呼ばれているものもありますが、これは「アモーマム カルダモン(白豆蔻)」と似ているが全くの”別物”となります。


*日本で「小荳蒄(ショウズク)、小豆蒄」と呼ばれているものは「エレッタリア カルダモン(Elettaria cardamomum)」であり、「アモーマム カルダモン(Amomum cardamomum)」とは別物であります。



主の成分:多くの発散性のあるエッセンシャルオイルを含んでおり、そのオイルには「オイデスモール(桉葉醇、Eudesmol)」、「α‐テルピネン(松油烯、ALPHA-TERPINENE」、「ミルテナール(桃金娘醛、myrtena)」、「ボルネオール(右旋龍腦、Fianranbingpian)(BORNEOLUM)」、*「樟脳(右旋樟腦、camphor)」などが含まれております。


*「樟脳(しょうのう)」:分子式 C10H16Oで「カンフル(蘭: camphre)」、または「カンファー(独: camphor)」と呼ばれることもあります。






「分布」


(カルダモン)は非常に多くの変種や近縁別種があり、そのため今市場に流れている(カルダモン)は「マイソール」、「マラバール」、「セイロン」など様々あり、「アモーマム」もその1つであります。



原産地は「インドネシア」、「スリランカ」、「マレー半島」などがあり、、そして今では主に「タイ」、「ベトナム」、「カンボジア」、「ラオス」、「スリランカ」や中国の「海南島」、「広西チワン族自治区」、「広東省」、「雲南省」など多くの”熱帯地域”から産出されています。




「用途」


主に漢方薬のとしてしようされ、漢方から見れば「辛、温」という性質を持ち、また「化湿(湿気を除去)、行気(気の循環を良くする)、止嘔(吐き気を止める)」などの作用があることから「胃寒湿阻氣滯嘔吐(胃が冷え、湿気で新陳代謝が悪く、気の循環が悪く、吐き気)」の治療に使用されております。


その他にも中国や台湾式の料理やデザートにも使用されることもあります。



「香り」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する